暇な大学生の権化である私は学生時代たくさんの映画を見てきました。その中には多く心を揺さぶる映画に出会いました。

そこで今回は今まで観た映画でおしゃれだと思った映画を紹介していきたいと思います!

パルプフィクション

紹介する一作目はおしゃれ映画の王道であるパルプフィクションです。

パルプフィクションは1994年に公開されたクエンティン・タランティーノ監督の映画です.

この映画のおしゃれポイント

タバコ

この映画ではタバコが良く吸われます。吸い方や吸った後のセリフ回しがなんともおしゃれ、中でも私が一番お気に入りのシーンはヴィンセントとミアがレストランで食事をするシーンがあるのですが

 手法

またこの映画の特筆すべき点は映画の構成にあります。

オムニバス形式でエピソードが展開されるため、映画を最後まで観るとそれぞれのエピソードの時系列が分かります。そのため、このシーンはこのシーンと繋がっていたのか!という発見があるのもユニークです。

トレインスポッティング

次に紹介する作品は1996年に公開されたイギリスの映画『トレインスポッティング』です。

この映画では当時まだ無名の若手俳優であった、ユアン・マクレガーの出世であり、日本でも大きくヒットした映画です。

主人公のレントンはヘロイン中毒者であり、彼と彼の仲間の若者の生活を描いた作品です。

おしゃれポイント

服装

トレインスポッティングに出てくる登場人物の服装は一見地味なのかもしれませんが、彼らはそれをカッコよく着こなしています、90年代のファッションが好きな人は参考にしてみてもいいかもしれませんね

映像

これをおしゃれというのも違うかもしれませんが、この映画ではヘロイン中毒者の視点からどのように世界が見えているのかを表現するため、映像がとにかく斬新、途中目が回るような感覚になりました笑

ユニークという意味のおしゃれポイントかもしれません。

本日は二作品紹介してみました。

いかがだったでしょうか、これらの作品からファッションや音楽など多くのインスピレーションを得ることが出来るかもしれません。どちらも有名な作品ですが、まだ観ていなかった皆さんはぜひ観てみてください。

読んでいただきありがとうございます。。

皆さんに良い一日が訪れますように。

投稿者 kzk.inc

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です